リンゴ酢は飲むだけじゃない!スキンケアにも使えるんです♪

セレブの間でも人気が出ているリンゴ酢スキンケア。
みなさんはご存知ですか?
リンゴ酢といえば、健康ドリンクとして人気が高いお酢ですよね。

 

お酢は昔から体に良いと言われていますし、フルーティで飲みやすいリンゴ酢は健康志向の人に特に人気が出ているようです。
一度は飲んだことがあるという人は多いのではないでしょうか?

 

そんなドリンクとして有名なリンゴ酢をどうやってスキンケアに使っているのか、気になりますよね。
私も気になって調べてみたので、みなさんにご紹介したいと思います!

 

「お酢は飲めないけど、リンゴ酢なら飲める!」
という人は多いですよね。

 

リンゴ酢はリンゴのエキスをたっぷり含んだお酢なので、味わいはフルーティで普通のお酢に比べて断然飲みやすくなっています。

 

ビタミン・ミネラルなどの栄養素や効果もリンゴの良さとお酢の良さがうまく融合されていて、両方の良いところを一気に受けられる感じですよね。
ダイエット・肥満予防・便秘解消・疲労回復・高血圧予防・血糖値の抑制・血行改善・新陳代謝の促進・ビタミンC破壊防止など、嬉しい効果が豊富にあるそうです。

 

自然食療法として使われることも多いそうです。
また、肌に塗ることで美肌効果を与えてくれるそうで、リンゴ酢スキンケアとしてリンゴ酢が使われることも多くなっているそうです。

 

リンゴ酢でスキンケア?お酢なのに肌に塗っても大丈夫?

 

では、リンゴ酢スキンケアは実際にどのようにやれば良いのか?気になりますよね。

 

まず、リンゴ酢でのピーリングをご紹介します。

 

リンゴ酢にはアルファヒドロキシン酸(AHA)というフルーツ酸が含まれているので、肌の生まれ変わりを促すピーリング効果が期待できます。
よくピーリング石鹸やピーリング化粧水などの商品が、ドラッグストアなどに販売されていて人気になっていますが、それがリンゴ酢でできちゃうんです。

 

やり方は簡単です。
リンゴ酢と精製水を混ぜてコットンなどで肌を拭き取るだけでOKです。
割合は、リンゴ酢:精製水が1:1や1:2ぐらいになるように混ぜると良いですよ。

 

肌に刺激を感じすぎないくらいに調整しましょう。
パッチテストをしておくと安心ですね。

 

それから、リンゴ酢を化粧水として使うのもオススメです。
リンゴ酢には肌を弱酸性に戻す働きがあり、ニキビなどの肌トラブルの原因となるアルカリ性の肌を弱酸性に導くことができます。

 

これによってニキビができにくい効果が期待できます。
やり方は、リンゴ酢と水を1:3くらいで混ぜ合わせてぬるだけで良いそうなので簡単ですね。
殺菌作用や毛穴の収れん作用、美白作用などもあり、リンゴ酢と水だけで良い化粧水が作れるなんてお得かもしれませんね。

 

 

リンゴ酢は飲むこともスキンケアすることもできるようです。
1本あれば幅広く使えるので、購入したら一度スキンケアも試してみるのもオススメですよ!