いちじくがイボケアになるって本当?でも、使うのは・・・。

いちじくを使ったイボ治療があるそうなのですが、どのような方法なのでしょうか。

 

みなさんはご存知ですか?

 

実は、ずっと昔から行なわれてきた民間療法なんですよ。
今でもいちじくでイボ治療をしている人がいるようなので、気になりますよね。

 

身近なものでイボがなくせるのなら嬉しいですし、いちじくでのイボ治療について調べてみました。
ご紹介しますので、気になっていたという人はチェックしてみてくださいね。

 

普段何気なく食べているいちじくですが、いちじくはなんと不老長寿の果実と言われるくらい、栄養や効能がたくさんある果物なんですよ。
イボへの効果をご紹介する前に、いちじくの効能についてご紹介しますね。

 

まず、普段みなさんが食べる実は、便秘解消・高血圧予防・動脈硬化予防・脳梗塞予防・心筋梗塞予防・抗酸化作用・がん予防の効能があると言われています。

 

普通に食べるだけでも、嬉しい効能がたくさん詰まってるんですよね。

 

それから、普段スーパーなどでは見かけませんが、いちじくの葉にもさまざまな効能があるんですよ。
葉を刻んで乾燥させて袋に入れてお風呂に入れれば、体が非常に温まるようです。
神経痛などにも良いそうですよ。

 

そして、最後にイボへの効果についてですが、イボ取りができると言われているのは、いちじくの葉の根元を切った時に出る白い汁だそうです。
白い汁に含まれているタンパク分解酵素で皮膚をやわらかくしてイボを取り除くことができるようです。
イボのほかにも魚の目などにも効果があるようですよ。

 

 

いちじくでイボを取る方法と注意点について

イボを取る効果が期待できるのは、いちじくの葉の根元を切った時に出る白い汁です。
ですから、いちじくの木がご自宅の庭にある人はすぐに試してみることができそうですね。

 

仕組みにはイボコロリと同じイメージだと思います。
皮膚をやわらかくして取り除く方法だと思います。

 

やり方としては、白い汁をイボに少しつけるだけです。

 

老人性イボなら、1日1回の塗布を数日続けるとイボが黒くなってかさぶたになり取れるそうです。
小さいものなら3日くらい、大きいものなら1週間ほどで取れたという口コミがあったので、数日様子を見ながら続けてみると良いでしょう。
ウイルス性のイボにも使えるので、試してみても良いかもしれませんね。

 

 

注意したいこととしては、イボ取りの時に使う白い汁はタンパク分解酵素が含まれているので、触れるとかゆみが生じる場合があります。

 

そのため、イボ以外の場所にはできる限り触れないように注意したほうが良いでしょう。
また、顔などの目立つ部位に使う場合は取り扱いに充分に注意したほうが良さそうです。
かぶれてしまわないように気をつけてくださいね。

 

顔イボを取りたいと思って、いちじくでケアしたなのに、結局肌にトラブルが起きては意味がありません。
いじちくは、本来肌ケアに使うものではありませんから、リスクを知ってから使用するようにしてだくさいね。