イソジンでイボ取り。向いているイボと向いていないイボあり!

「イソジンを使って痛くないイボ治療ができる。」
そんな話を聞いたことがあるのですが、みなさんはやったことはありますか?

 

イボ治療といえば痛みをともなうものが多いイメージがあるので、痛みがなく簡単に自宅でイボ治療ができると嬉しいですよね。
気になるイソジンでのイボ治療について調べましたので、ご紹介したいと思います。

 

ぜひチェックしてみてくださいね。

 

イソジンとは、明治製菓ファルマから発売されている、殺菌・消毒に優れた商品です。

 

有効成分のポビドンヨードでウイルスや細菌・真菌を殺菌・消毒することができるのです。
特に、うがい薬は有名ではないでしょうか。

 

実はこのイソジン、うがい薬のほかにも軟膏など、さまざまな種類があるんですよ。
イボに対しては、やけどやキズ向けのイソジン軟膏が向いているとウワサされているそうです。

 

ただし、あくまで民間療法です。
イソジンのパッケージに正式にイボへの効果が記載されているわけではありませんので、自己責任の治療方法ということになります。

 

 

イソジンのイボへの使い方〜使うのはイソジン軟膏!〜

まず、先ほどもご紹介したイソジン軟膏を用意します。
イボケアに使うのは、うがい薬のイソジンではなく、イソジン軟膏です。

 

ウイルス性のイボなら原因がヒトパピローマウイルスなので、イソジンの殺菌・消毒効果がイボに有効に働くことが考えられます。

 

使い方は簡単で、お風呂後など、患部を清潔な状態にして乾かした後に、患部に塗るだけです。
ただし、イソジン軟膏は色つきなので、服などへの色移りの心配があります。
絆創膏などを用意して患部を覆い隠すようにしておきましょう。

 

1日数回このようにしてイソジンで患部を消毒・殺菌すれば、イボがキレイに治ることもあるそうです。
ただし、見た目でキレイになったからとすぐにやめてはいけません。

 

患部にまだウイルスがある場合があるので、しばらく続けて様子を見るようにしましょう。

 

なお、口コミによるとイソジンでのイボ治療で効果を感じられなかった人もいるそうなので、完璧な治療法とは言えないかもしれません。試してみて効果を感じられないようなら、ほかの治療方法や病院での治療に切り替えるなども視野に入れておきましょう。

 

 

イソジンでのイボ治療には、注意点もあります。

 

イソジンでのイボ治療は、残念ながら全てのイボに対応しているわけではありません。
イソジンはウイルスや細菌・真菌の殺菌・消毒効果がメインなので、それらが原因となっているウイルス性イボにしか効果は期待できないでしょう。

 

老人性イボ、つまり顔イボや首イボは、ウイルスなどが原因ではないので、イソジンを塗っても意味がないと思います。
試すなら、自分のイボがイソジンでのイボ治療に効果が期待できるイボか、しっかり見極めてから試してくださいね。