馬油は、顔イボにも効果あり?!簡単な使い方でイボケアできちゃう。

実は「イボには馬油が良いらしい!」というウワサがあるようなのです。

 

みなさんは聞いたことはありますか?
馬油でイボが確実に治るならやってみたいですよね。

 

しかし、名前は聞いたことがあっても実際は馬油がどのようなものなのか案外知らない人も多いはず・・・。
私も気になって調べてみましたので、こちらでご紹介しますね!

 

 

そもそも、馬油ってどんな物?

日本では一般的に馬油を「バーユ」と呼びます。
「マーユ」と呼ぶ人もいるそうですよ。

 

馬油とは、字を見て分かる通り、馬の油のことです。
正確には馬のたてがみや皮脂脂肪層から抽出された動物性の天然油のことですね。
漢方薬として日本でも昔から使われていて、やけど・切りキズ・ひび・あかぎれ・肌荒れなどの治療に使うことが多かったようです。

 

馬油によって期待できる作用は多く、次のようなものがあります。

  • 抗酸化作用
  • 殺菌作用
  • 炎症作用
  • 保湿作用
  • 血行促進作用

こういったさまざまな作用・効果があることから万能薬と言われることもあるほどです。
人の角質に近いので、肌に浸透しやすく、最近では美肌効果に注目されています。

 

ニキビ、しみ、しわ、日焼け後の炎症、アトピー性皮膚炎に使う人も多いようですよ。

 

 

馬油のイボ取り効果は、本当なのか??

馬油はイボ取り効果もあるのか?気になりますよね。

 

口コミによると
「首まわりや顔イボに塗っていたら老人性イボがなくなった!」
という人もいるようなのです。

 

馬油のもつ保湿作用や血行促進作用、抗酸化作用などがうまく作用して肌のターンオーバーを整え、イボに効果をもたらす可能性はあると思います。

 

そして、ウイルス性イボに対しては殺菌作用がうまく作用してイボの原因のウイルスを殺菌し、イボを治せる可能性もあります。
馬油でウイルス性イボが治ったという口コミもあるそうですし、試してみても良いかもしれないですね。

 

ただ、馬油は確実にイボが取れる薬というわけではないようなので、イボ取りに対して過剰な期待は禁物だと思います。
あくまで肌の全体的なケアとして取り入れて、イボへの効果は二の次ぐらいに考えていたほうがちょうど良いかもしれませんね。

 

 

顔イボなどげの馬油の使用方法とは?

馬油は肌に直接塗るだけでOKです。
ただし、塗りすぎると毛穴を塞いでしまうことになるので良くありません。

 

少量をのばして毎日続けると良いそうです。
副作用も基本的にほとんどないようなので、気軽に使えて嬉しいですね。

 

馬油はイボの特効薬ではなく、民間療法なので効果の信憑性は難しいところです。
ですが、まずは気軽な治療をしてみたいという人には良いかもしれませんね。

 

本気で、顔イボ対策をしたいのであれば、顔イボに特化したケア用品を選ぶのがいいかもしれません。