えっ?妊娠中にハトムギはダメ?その理由とは?!

あなたは、ハトムギという言葉を聞いたことはありませんか?

 

そう、あの漢方薬や健康茶、化粧水などとしても大活躍のハトムギです。
中でも健康茶のハトムギ茶は、スーパーなどでもよくあるとても身近なものですよね。

 

漢方の世界では「ヨクイニン」ともいいます。

 

そうなると、
「美肌効果もあって健康に良いから、妊娠中も飲もう」

 

などと、つい思ってしまうかもしれません。
ですが、実は、妊娠中のハトムギの摂取は避けた方がいいと言われています。

 

既に知っている人もいれば、知らなくて驚いた人もいるでしょう。
そこで今回は、妊娠中のハトムギの摂取や、妊娠中に飲んでも大丈夫なものについて説明していきます。

 

ご存知の人も、もう一度妊娠中のハトムギについて考え、安全なマタニティライフを目指しませんか?

 

妊娠中のハトムギの摂取はダメ?一体どうして?

ハトムギの具体的な効果には、イボ取りや抗がん作用などがあると言われています。
その理由はハトムギの成分の一つ、コイクセノライドというものが入っているからです。

 

このコイクセノライドは、体の老廃物や不要なものを外に出す働きがあります。
その働きによってイボなどが改善する訳なのですが、コイクセノライドが排出しようとするのはそれだけではありません。

 

そう、そのお腹にいる大切な赤ちゃんも外に出してしまうかもしれないのです。
摂取量によっては、流産も引き起こす可能性も指摘する人もいます。

 

また、妊娠中の人に与える影響は他にもあり、

 

・妊娠を継続していく為の重要なホルモンの分泌を抑制してしまう
・体を冷やしてしまう

 

といったものもありますので、定期的な摂取や過剰な摂取は避けた方がいいでしょう。

 

少しだけなら大丈夫な様ですが、禁忌の飲み物と言われているくらいなので、気付いた時に止めた方が無難かもしれませんね。
ストレスになってしまう程過敏になる必要はありませんが、お腹の子どもに何かがあったら大変なので、注意は必要と言えます。

 

ただ、絶対に飲んではいけないということでもないようです。

 

中には、産婦人科医からハトムギ茶を進められたという話も聞きます。
実際、妊娠中にはと麦茶を飲んでいたという話も聞きます。

 

少しでも飲んだら、すぐに赤ちゃんに影響するというものでもありません。
過剰に心配するよりも、まずは飲んでもいいのか主治医の先生に相談してみましょう。

 

どうして、妊娠中にはと麦茶を飲みたいのか?
どうしても、ハトムギでないとダメなのか?

 

この辺りを今一度考えてみてください。

 

 

妊娠中に向いている飲み物は?ハトムギの代わりになる?

普段からハトムギ茶を好んで飲まれていた人には、とてもショックな話ですよね。
そして、いきなり止めて我慢すると決めても、妊娠期間は10ヶ月と長丁場です。

 

そこで、ハトムギ茶の代わりに飲める、妊娠中でも大丈夫な他の飲み物をご紹介します。

 

・ローズヒップティー
鉄分、ビタミン、カルシウムといった栄養が豊富です。
酸味のある飲み物という事で、人によってはつわりの時期に合う味かもしれません。

 

・ルイボスティー
ローズヒップ同様鉄やカルシウムなどの栄養が豊富で、味もあっさりとしています。
ですが、品質や淹れ方によっては少しクセを感じてしまうかもしれません。

 

・たんぽぽ茶
血行促進などの体を温めてくれる効果があります。
他にもお通じがよくなる作用があり、母乳の出もよくなる様です。

 

・小豆茶
たんぽぽ茶と同じ血行促進の効果があります。
食物繊維も豊富で利尿作用もあり、むくみが改善できるのだとか。

 

・ゆず茶
妊娠に良いと言われている葉酸が含まれていて、他にもビタミンなど栄養が豊富です。
体を温めてくれる効果があり、味も甘くて飲みやすいのですが、糖分の多さには注意が必要になります。

 

こういった飲み物は妊娠中でも安心して飲む事ができると言われ、香りや味も良くて続けやすいので、とてもオススメです。

 

大切なお母さんの体とお腹の子ども、両方に合った飲み物が見つかるといいですね。

 

 

以上が妊娠中のハトムギの摂取と、妊娠中に向いている飲み物の話でしたが、いかがでしょうか。

 

ハトムギ自体は危ないものではありませんが、妊娠中となると別になってしまうということですね。
妊娠中は、他に安全で取り入れやすいものが見つかればそちらを考え、心身ともに余裕のある安心な毎日を送っていきましょう。